進興設備工業株式会社 最近の工事事例と会社行事紹介

2021年6月11日

第40回ISO内部監査を実施しました。

6月11日(金)第40回ISO内部監査を実施しました。

 

 

今回のISO内部監査では、ISOマニュアルの整備について

重点的に話し合いました。

 

 

ISOマニュアルの適用範囲を各部署ごとに議論して行きました。

 

 

監査者より各部門で上がった項目の発表がありました。

指摘があった項目に関しては速やかに是正を行います。

2021年5月19日

エコアクション21登録審査を受けました。

5月19日(水)にエコアクション21登録審査を受けました。

 

 

環境配慮への意識を持つ事と同時に資源の節約を目的に

エコアクション21の運用を進めて来ました。

 

 

今回の審査では環境経営レポートの確認、事務所内の見学、

現場視察などを行いました。

 

 

審査において紙資源の削減等色々なアドバイスを頂きました。

後は認証待ちの状態です。

 

2021年4月18日

4月18日(日)進友会ソフトボール大会を開催しました。

4月18日(日)進友会ソフトボール大会を開催しました。

 

 

検温、マスクの着用などの感染予防を十分に行っての行事です。

 

 

新入社員の3名は初の行事です。

良いコミュニケーションの場となったのではないでしょうか?

今後も楽しい行事を行う予定です。

2021年4月3日

安全祈願祭を、4月3日(土)に住吉神社にて執り行いました。

安全祈願祭を、4月3日(土)に住吉神社にて執り行いました。

 

 

今回はコロナウイルス感染防止の観点から

代表して進和会より2名、当社より3名の合計5名で行いました。

 

 

手水舎の水がセンサーにより自動的に出るようになっていました。

 

 

コロナの終息と無事故・無災害をダブルで祈願しました。

 

2021年1月29日

ISO マネジメントレビュー会議を実施しました。

1月29日(金) ISO MR会議を各部門別10名の参加で行いました。

 

 

2020年度の品質マネジメントシステムのパフォーマンス状況等、

2021年度の社内方針について議論しました。

 

 

さらに高い顧客満足度が得られるよう努力して参ります。

 

2020年12月10日

第39回ISO内部監査を実施しました。

12月10日(木)第39回ISO内部監査を実施しました。

 

【開始ミーティング】

 

今回のISO内部監査では、SWOT分析による当社の弱みについて、

重点的に話し合いました。

 

 

事前にアンケートを取り、各部署ごとに議論して行きました。

 

【終了ミーティング】

 

監査者より各部門で上がった項目の発表がありました。

これから改善に向けて評価します。

2020年11月13日

進友会フットサル大会を開催しました。

11月13日(金)スプラージ金隈にて進友会フットサル大会を開催しました。

 

 

今回は3チームの総当たりで試合を行いました。

 

 

今年はコロナウイルスの関係もあり、なかなか行事が出来ませんでしたが、

今回、無事に開催することが出来ました。

 

久しぶりに体を動かして、良い気分転換になりました。

 

2020年9月25日

ISO更新審査を受けました。

ISO更新審査を9月24日(木)~9月25日(金)の2日間で受けました。

今回の審査は3年に1回、ISOが適正に行われているかを問われるものになり、

適正が認められれば、3年間の認定をされます。

 

 

当社の全ての部署を対象にISOマニュアルに沿ってPDCAサイクルが

適正かどうか、パフォーマンスは十分かなどの確認をされました。

 

 

又、施工現場に於いても現場管理者と作業員を交えて、

施工体制についての審査員のチェックもありました。

 

 

2020年9月19日

9月19日(土)進和会・進友会懇親ボウリング大会を開催しました。

懇親ボウリング大会を大橋シティボウルにて、

今回は2フロア貸切りで各レーン2名ずつその他コロナ対策を十分に行っての開催です。

始めに、井手口社長と進和会藤本副会長による始球式が行われました。

 

 

参加者45名で、みんな豪華賞品ねらって盛り上がりました。

 

 

優勝は工事施工部の山口主任

2位は大西設備の山崎さん

3位は購買資材の宗係長という結果でした。

 

2020年6月26日

6/24(水)~6/26(金)で新入社員研修を実施しました。

新入社員研修を実施しました。

 

 

「社員の条件」の10章を抜粋し“ブレインストーミング”手法で進めました。

 

 

グループ分けにも、三人三様の意見でぶつかり合う時もありました。

 

 

10章のまとめた作品を前に満足した顔を出していたのが印象に残りました。